教授 外来 (循環器内科) 開始します-

阿久津 靖 先生

教授外来(循環器内科)

2019年4月3日(水)より毎週水曜日


受診希望の方は受付又は外来診察時にご相談ください。

昭和大学
 臨床薬理研究所循環器内科学部門 教授
昭和大学烏山病院
 内科学部門 部長


専門資格等

日本内科学会認定内科医、日本内科学会認定総合内科専門医・指導医、日本循環器学会専門医、米国心臓病協会(AHA)認定 BLS・ACLSプロバイダー、核医学専門医・PET専門医、日本医師会認定産業医、日本循環器学会関東甲信越支部評議員、日本心臓病学会特別会員(FJCC)、日本画像医学会評議員、日本心臓核医学学会評議員、米国内科学会特別会員(FACP)、米国心臓病学会特別会員(FACC)、欧州心臓病学会特別会員(FESC)、本臨床薬理学会臨床薬理専門医

ゴールデンウィークの診療予定-

-院長挨拶-

2019年の始め、ご挨拶をさせていただきます。2018年始のご挨拶を述べさせていただいたのが最近のことに思えるくらい、あっという間に一年が過ぎました。昨年は世界にとっても日本にとっても変動の激しい1年でした。また、我々鹿嶋ハートクリニックにおいても、大きく変化した一年でした。


当院は2009年開院してから、循環器一般、心臓血管内治療、不整脈アブレーション治療等に関する学会の施設認定を受けております。2019年1月心臓血管外科専門医修練施設に認定され、循環器医療の全ての診療項目において、学会の施設認定を受けました。

また、2014年から冠動脈のインターベンション治療をスタートして、昨年までの4年間で通算2000例弱を治療し、2015年から不整脈に対するカテーテルアブレーション治療を導入してから昨年までの3年間で通算500例以上を治療、さらに2016年から心臓血管外科による開胸オフポンプ冠動脈バイパス手術、心臓弁置換術、大動脈瘤や大動脈解離に対するステント挿入術などを昨年までの2年間で通算100症例以上施行しました。学会における施設認定、並びに症例数、どちらにおいても、鹿行エリアはもちろん、全国的、世界的レベルのスダンタードな循環器医療に遜色のない医療機関に成長しました。当院を信頼し治療を託して下さった患者に心より御礼申し上げる次第です。


医療行為と言うものは治療例数を誇るものではあってはならないことを自覚しつつも、このような貴重な経験を糧に、精進を重ねてまいります。


また、治療以外の分野においても、多職種の全職員が救急デモストレーションに参加し、急に容態が悪くなった患者を如何に早く発見し、素早く専門的な緊急処置を行うことを目的に毎月訓練しており、2018年からは数回に渡って、ICLS(Immediate Cardiac Life Support)コース(蘇生トレーニング)を開催し、多職種の多くの職員がインストラクターとしての認定を受け、医師だけでなく院内各部署の、コメディカルなどの職員全員が患者に目を配りながら仕事をし、患者の安全を守ることができる体制を構築致しました。

さらに、全ての医療業務におけるインシデントなどをまとめ、毎月提示し検討・改善を繰り返してきました。我々にとって、昨年、最も喜ばしかったことは重大な医療事故に見舞われなかったことですが、今後も医療事故を100%予防できるよう努力を重ねてまいります。


当院は2019年から、心臓外科のハイブリッド手術室のほか、更に心臓・脳血管内治療室を2室整備しまして、さらに精度の高い血管内治療ができるように準備をすすめ、腎機能障害の患者に造影剤を使用せずに冠動脈や脳動脈の画像が撮れるようMRIを導入し、より疾患のリスクを早期に発見できるように準備をすすめております。また、急性冠症候群や急性心筋梗塞などの死亡リスクのある急性疾患を素早く診断・治療を開始できるように、4月からは脳血管内治療の常勤指導医を増員し、常時、専門的治療ができるように準備しております。

平日の診療時間内は勿論ですが、週二日(火曜日・金曜日)、24時間、急患の緊急治療に対応できるよう体制を整えました。今後は医師の増員に伴い、より多くの対応を提供していきたいと考えております。


医学は日進月歩、進歩し続ける医学界の世界のスタンダードに合わせて、最新、最善の医療を地域の患者に提供し続けることを鹿嶋ハートクリニックの永遠の課題とし、鹿嶋ハートクリニックは全職員が一丸となって、地域の患者の皆様に貢献できるように、さらに精進して参ります。今後とも引き続き皆さま方のさらなるご支援を、何卒よろしくお願い申し上げます。



2019年元旦

院長 黄 恬瑩


外来入口変更 のお知らせ (2018年12月25日より)

診療時間 変更のお知らせ (2019年1月より)

木曜の午後は現在、外来休診となっておりますが、2019年1月よりこの時間帯に急患の方の診療を開始させていただきます。この時間帯は通常の診療予約はできません。



日・祝
午前

8:30~

12:00

×
午後

13:30~

17:00

急患
のみ
×

平成30年度 神栖市市民健康講座のご案内

日程・場所講演内容
2019年(平成31年) 1月24日(木) 
神栖市 健康・福祉会館
14:30-15:30 終了しました

「脳梗塞の治療はスピード勝負
    
~脳梗塞の早期治療について~

当院:脳神経外科外来担当

東京医大茨城医療センター 脳神経外科

大橋 智生 先生

◆ 2018.9.1 健康レシピ 青椒肉絲 アップロードしました。

★★第5回ICLSコース開催(2018.9.16)
  
日本救急医学会 蘇生トレーニングコースを開催します。→終了しました

★★腹部ステントグラフト実施施設の認定(更新)★★
平成30年3月29日付にて、日本ステントグラフト実施基準管理委員会(関連10学会構成)より、腹部ステントグラフト実施施設の認定を受けました。(更新)

★★循環器専門医研修関連施設の認定(更新)★★
平成30年4月1日付にて、日本循環器学会 循環器専門委研修関連施設の認定を受けました(更新)  

★★日本インターベンション治療学会より 日本インターベンション治療学会研修施設 の認定を受けました。(2017年11月17日より)
※施設代表医 角田 修 循環器センター長

★★日本外科学会より 日本外科学会外科専門医制度関連施設 の認定を受けました。
  (2018年1月1日より)

★★日本不整脈心電学会より「不整脈専門医研修施設」の認定を受けました
      (2017年4月1日より)

★★下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術の実施基準による実施施設の認定を受けました★★

平成28年6月 下肢静脈瘤血管内焼灼術実施・管理委員会より「下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術の実施基準による実施施設」の認定を受けました。

★★腹部ステントグラフト実施施設の認定を受けました★★

平成28年6月 日本ステントグラフト実施基準管理委員会(関連10学会構成)より、腹部ステントグラフト実施施設(暫定施設)の認定を受けました。

★★2016年6月より脳神経外科外来を開始いたします★★

平成28年6月より第1・第3水曜日の14:00~17:00 東京医科大学茨城医療センター 脳神経外科 大橋 智生 先生の脳神経外科外来を始めます。ご予約の上お越しください。当院受診中の方は診療時にご相談いただいてもご予約お取りいたします。