循環器センター

全国的に見ても循環器関連の疾患による死亡率が高いのが鹿行地区です。

当院ではその様な中で、日常診療を通し循環器の専門治療を患者様に提供して参りました。また、症状の進まれた患者様の治療には、より高度な治療を受けられる医療機関へご紹介する事で対応しておりました。

2014年3月、当院の循環器センターにて心臓のカテーテル検査・ステント留置などの治療を開始。19床の入院設備も備え、患者様には慣れ親しんだ地域で、いつもの医師のもとで治療を継続していただける環境を整備しました。当センターでは、経験豊富な専門のチームと最新鋭の血管造影装置の導入により、より高いレベルの循環器医療を提供できる環境を整えております。

また、明るくゆったりと過ごしていただける病棟で治療に専念していただける様に配慮しております。今後もスタッフ一同、地域の有床診療所として、患者様の通院治療の支援を続けていく所存です。

 循環器センター長 ご挨拶

  平成29年9月より、着任しました角田(かくだ)と申します。

 これまで、新東京病院を始め、関東の病院でカテーテル治療中心に動脈硬化疾患の予防などの診療に力を入れてまいりました。
 心臓の血管のみならず、足の血管、腕の血管、腎臓の血管なども対応し、気が付けば、カテーテル治療件数は4000例を超えました。

 カテーテル治療は体に対する負担が少なく、私の経験しました最高齢の患者様は100歳の方でした。また、他院で困難な血管治療もお引き受けし、可能な限り治療してきました。

 しかし、一方でカテーテル治療は万能で全ての方に安全か?と問われれば、決してそうは思っておりません。

 カテーテル治療には向かない動脈硬化もあります。天皇陛下が冠動脈のバイパス手術を選択されたことが、それを示しています。また、内服薬で経過をみることができる場合もあります。当センターでは治療に対して、正直でわかりやすく説明致しますので、受診の際はお気軽にご相談ください。

 また、神栖市とも連携し、健康講座を定期的に開催させて頂いております。是非、ご参加下さい。

【鹿嶋ハートクリニック 循環器センターの特徴】

  1. 基本的に1回の通院で検査→結果説明まで完了できる。
    (★検査の内容や検査機器の空き具合によっては2回以上の場合もあります)

  2. 常勤医師全員が循環器専門医の資格をもっており、その分野のプロフェッショナルが診療にあたります。

  3. 心臓だけではなく、脳梗塞のなり易さや足の血管の状態など全身の動脈硬化についても注意深く診療させていただきます。

循環器センター長

角田 修

 

循環器センター スタッフ

三宅 善順 (平成30年4月1日より)

(写真準備中)

日本心血管インターベーション治療学会認定医
日本医師会認定産業医

循環器センター カテーテル治療症例のご紹介